自力のセルフ浮気調査

プロに頼まず自力で行うセルフ浮気調査について

夫・妻が浮気をしているか知りたいとき、まずは浮気調査を自分ですることを考える人もいるでしょう。ここでは個人で行える浮気調査の仕方とリスクもあわせて紹介したいと思います。

 

自分でできる浮気調査の方法

浮気調査を探偵や興信所に依頼するとどうしても万単位のお金が必要になってきます。そのため旦那の浮気を疑ったら、まずは自力で調べようとする嫁が多いようです。浮気調査に使える道具や浮気調査グッズなどもあるのですが、以下では比較的簡単なやり方を紹介します。

 

携帯電話から浮気の痕跡を見つける方法

自分でやる方法で最も簡単なのが携帯電話を調べることです。夫の携帯電話がiphoneやスマホであれば、line(ライン)やFacebookなどのSNSやメッセージアプリがインストールされていると思います。それらのデータを調べれば、浮気相手とのやりとりを見つけられるかもしれません。

 

スマホのGPS機能で追跡する方法

浮気相手と会うのに車を利用しているのであれば、GPSを使った追跡で行動を追跡することが可能です。数年前までGPSは高価なものでしたが、最近ではスマホにGPS機能が搭載されています。比較的安価なスマホも出てきていますし、キッズ携帯にもGPS機能が付いています。スマホの紛失防止のアプリなどインストールすれば、簡易的なGPS発信機ができます。スマホを車のトランクやダッシュボードの奥などに入れておけばGPSを利用して車の移動を追跡できますし、バッテリー充電器を接続しておけば長時間の追跡が可能です。また、周囲で音が発生した時だけ録音する機能のついたICレコーダー(ボイスレコーダー)を一緒に入れておけば、盗聴器の役割を果たしてくれます。

 

不正アクセス禁止法に注意

上記の行為は不正アクセス禁止法という法律では違法行為となる可能性も含んでいます。パソコンやメールのIDとパスワードをのぞき見して利用するだけでもハッキングと同様に違法とされる場合があります。しかし倫理的に認められる範囲内であれば浮気の証拠として認められることが多いです。

 

⇒プロへ依頼するなら探偵社の無料相談から