探偵の選び方

浮気調査を依頼する探偵事務所・興信所の選び方について

浮気調査会社の選び方

浮気・不倫調査は興信所・探偵に依頼することになりますが、どういった基準で選べばよいのでしょうか。

 

口コミ・体験談を調べる

探偵に調査を依頼することなど、一生のうちに数えるほどしかありません。ほとんどの人が初心者のため、選ぶのをためらう人も多いですが、まずは利用者の口コミや体験談から評判を知ることができます。地域を絞れば利用者が興信所・探偵社の名前を挙げておすすめを書いている人もいます。また、探偵事務所や興信所のランキングサイトもありますので、特に重視するポイントや人気を比較するのにいいでしょう。

 

浮気調査会社のサイトを見る

浮気・不倫調査会社である興信所・探偵社も最近はウェブサイトを運営することが多いです。その会社の雰囲気や依頼者への対応方針などもわかりますので、よく見ておくことをおすすめします。特に、その会社独自の部分はよく見ておきましょう。たとえば、夫の不倫を暴くために調査の依頼先を探している女性の不安を少しでも解消するため、女性専用の探偵事務所も存在します。

 

見積もりや無料相談、電話相談の案内が書かれているウェブサイトもあります。また、メール対応などで安心して任せられると思えた会社を選ぶのもいいでしょう。

 

浮気調査会社を選ぶ注意点

浮気・不倫調査会社は探偵業法という法律で管轄する都道府県公安委員会への探偵業届出による資格取得が義務付けられています。中には届出をせずに探偵を名乗る違法業者もあり、詐欺被害に遭う可能性もあります。

 

そのため、契約をする前には必ず探偵業法の届け出がされていることを調べましょう。ホームページがあれば探偵業届出番号の記載があるはず。その番号を使い、行政処分を受けていないことを確認します。Yahoo!やGoogleなどの検索サイトで「都道府県名 行政処分 探偵業者」と検索すると、都道府県ごとの探偵業法の行政処分を受けた業者と番号が載っています。少なくとも行政処分をされていない探偵業者を選びましょう。

 

また、会社の所在地が非公開だったり、所在地がレンタルオフィスの場合も、実態が把握できないため避けたほうが無難です。

 

値段と調査能力は釣り合わない

調査費用によってその探偵の調査能力を測ることはできません。ただし、激安と宣伝していたり、他社と比べて格安の値段を提示している場合は注意しましょう。また、もし年収や貯金を聞いてくることがあれば警戒してください。請求金額の値踏みをされている可能性があります。

 

契約書は必ず作成する

探偵業法では契約書の作成が定められています。契約書を交わさずに調査を開始しようとしたら拒否しましょう。また、即日依頼は避けたほうがいいです。調査を行えばそれだけ金額がかかりますし、何の下準備もなしに調査をしてもうまくいく可能性が低いと思われるためです。

 

口コミで選ばれる探偵事務所の公式サイトランキング