浮気調査費用・料金相場

探偵の浮気調査費用・料金相場について

浮気調査の費用(興信所・探偵に依頼した場合の)について

 

夫・妻の浮気を疑い、探偵や興信所への依頼を考えると、不安なのが金額ですよね。浮気調査の費用はいくらかかるものなのでしょうか。

 

浮気調査の費用

探偵・興信所へ支払うお金は大きく分けると着手金、経費、成功報酬に分けられます。浮気調査はあらかじめ予算を見積もって一部を支払うのが一般的です。着手金を支払うことで調査が開始されます。浮気調査はほとんどが尾行を行うことになりますが、そこには人件費や公共交通機関やタクシー、車やバイクの燃料費などがかかります。また、そのほか機材を使用すれば、それらはすべて経費として実費を支払うことになります。成功報酬は調査の目的が達成されたら支払うことになるお金です。

 

価格の相場

調査にかかる値段は安いほどいいですが、どのくらいの料金が相場なのでしょうか。探偵・興信所の調査料金については法的な規制が何もありません。そのため個々の探偵や興信所が独自に料金を設定しています。しかし大体の相場は存在していますので、1時間あたりの料金で比較するのがいいでしょう。

 

最も多いのは1時間あたり2万円〜2万5千円です。調査は二人一組で行うことが多いため、二人分の料金です。低料金をうたい、1時間あたり1万5千円と説明されても、それが調査員1人あたりの料金であれば相場よりも高くなってしまいます。調査費用の説明を受ける際には低価格という言葉をうのみにせず、調査人数などを確認しましょう。

 

以上の説明は一般的にかかる料金の説明ですが、探偵・興信所によって料金体系は様々です。

 

人件費+経費の料金体系

「調査員の人数×1時間あたりの人件費×稼働時間数」が料金の基本部分になります。それに加えて車両代金や燃料費、駐車場代、機材代、通信費、報告書作成費が加算される形です。

 

最低稼働時間+延長料金

あらかじめ調査を行う合計時間に応じて基本料金が決まります。その時間内に調査が終わらず、時間を延長した場合は延長料金を支払う形になります。また、時間内に調査が終了した場合も基本料金は支払うことになります。

 

調査料金の注意点

どのような料金体系でも注意すべき点がいくつかあります。

 

まず、基本料金には何の料金が含まれているかです。料金の見積もりを確認する際は、各料金項目にどのような作業の代金が含まれているかを確認しましょう。また、追加でかかる可能性のある料金があるかを確認しましょう。基本料金は人件費のみで、調査終了後に報告書作成料金や事前に説明されていなかった車両代の費用がかかっていたなど、思わぬ費用を支払うことになります。

 

また、不倫調査の料金の大部分は人件費ですが、調査員何人分の人件費かをあらかじめ確認しておきましょう。また、延長料金が基本料金と比べると割り増しになるなど、予算との兼ね合いも考えて不倫調査を依頼しましょう。

 

⇒調査費用の見積もりが無料の探偵者一覧