慰謝料請求・離婚方法

浮気相手から慰謝料を請求する・離婚する方法について

浮気で慰謝料を請求するには

浮気で浮気相手に慰謝料を請求したり、離婚したりするには、実は難しい部分が多いです。たとえば慰謝料を請求する場合、証拠が必要となります。法律的には浮気・不倫を「不貞行為」といいます。不貞行為とは結婚しているにもかかわらず夫婦関係を破壊するような行為のことです。そして法律の解釈では、浮気・不倫は配偶者以外との性行為を意味します。つまり浮気・不倫で慰謝料を請求したり離婚するには肉体関係があった証拠が必要になります。

 

慰謝料の決定要因

慰謝料の金額を左右する要因は様々です。たとえば、結婚している期間が長ければ慰謝料の金額は大きくなります。また浮気相手が被害者の夫婦関係を壊そうと悪意をもって行っていたのであれば金額が高くなります。他には被害者が精神的苦痛によりうつ病などを発症していれば増額要因となりますし、浮気相手の社会的地位や収入が高ければ金額が高くなりやすいです。

 

逆に、浮気・不倫が発覚する前の夫婦関係がすでに冷め切って別居していたり、同じ家に住みながらコミュニケーションをまったくとっていなかった場合は金額が低くなります。

 

慰謝料の相場

慰謝料の金額は両者の合意が得られれば金額に制限はありません。しかし裁判になった場合はそれまでの判例から金額が決まります。たとえば、浮気・不倫をきっかけに別居することになった場合、100万円〜200万円が相場といわれています。また、浮気・不倫が原因で離婚した場合は200万円〜300万円。対して別居も離婚もしない場合は50万円〜100万円とされています。

 

離婚するまでの過程

離婚するには配偶者との同意があれば協議離婚が成立します。しかし離婚条件(金銭・子どもの親権など)に合意できない場合、調停離婚や裁判離婚を考える必要があります。相手の浮気を理由として離婚する場合、先に紹介した不貞行為の証拠がなければ有利に進めることができません。

 

この段階で事前に探偵・興信所に依頼して浮気の証拠を得ていれば、それらを証拠として利用することができます。ですがもし不貞行為の証拠が不十分では、離婚しても満足のいく結果は得にくいと思われます。

 

そのようなことがないように、興信所・探偵の中には浮気の調査だけでなく、弁護士の紹介までサポートしてくれる会社もあります。そういった会社は慰謝料請求や離婚にどれだけの証拠が必要かも把握していますので、調査後もスムーズに事が運ぶでしょうから、安心して任せられます。

 

⇒弁護士サポート付の探偵事務所一覧こちら